科学検定

ピックアップ問題にチャレンジ

科学基礎 3級

沈み込んだプレートの行き先
 地球表面は十数枚のプレートにおおわれており、それぞれのプレートは独自の方向に水平移動しています。プレートの境界は発散型(広がる)、収束型(ぶつかる)、トランスフォーム型(すれ違う)の3つのパターンがありますが、日本列島は下図のように、このうちの収束型境界の上にあります。日本の下にある収束型境界では、大陸側プレートの下に、海洋側プレートが沈み込んでいます。では、沈み込んだプレートは、最後にどうなるでしょうか。
(第6回科学検定出題 正答率28%)
facebooktwitter広告2