科学検定

ピックアップ問題にチャレンジ

科学基礎 5級

 草は、一年ごとにくきれるので、くきは太い幹にはなりません。しかし、木は冬に葉が落ちるものでも、幹はそのまま残るので、だんだん太くなっていきます。そして、木の幹を輪切りにすると、年輪というものがみえるのがふつうです。一年に、その年輪一つ分だけ太るのです。
 それなら、年輪の数は、同じ木でも「木の根元近く」と、「木の高いところ」では輪の数がちがっているでしょうか。それとも同じでしょうか。
(第6回科学検定出題 正答率39%)
facebooktwitter広告2