科学検定

お知らせ

【科学ニュース】明晰夢はトレーニングで習得可能!?

新しい研究によると、明晰夢は習得可能なスキルであるという。明晰夢とは、睡眠中に夢であることを自覚しながら見ている夢を言う。

豪アデレード大学の研究チームは、テクニックの特定の組み合わせによって明晰夢を見る機会が増え、夢の内容をコントロールできることを明らかにした。

明晰夢を誘引する方法は既にいくつも紹介されているが、これまでの研究ではその成功率は低く、明晰夢の利点や応用の可能性を探れるまでには至っていなかった。

アデレード大学心理学科の客員研究員デンホルム・アスピー(Denholm Aspy)氏らは、この問題に対処して、明晰夢を誘引する有効な手法を開発しようと考えた。

研究チームは、Dreaming誌に発表した研究結果で、明晰夢を見る機会を増やすのが可能であることを確認した。

研究では、被験者を3つのグループに分け、3通りの明晰夢誘引手法の有効性を調べた。

1. 現実性テスト - 1日に数回、被験者の環境をチェックして夢を見ているかどうかを調べる。

2. 起きてまた寝る - 就寝して5時間後に起き、短時間起きていて、再びREM睡眠に入るために寝る(REM睡眠時は夢を見やすい)。

3. MILD(Mnemonic Induction of Lucid Dreams:明晰夢導入手続き)- 睡眠5時間で起き、また眠る前に「次に夢を見るときは、夢を見ていることを記憶する」と繰り返し唱え、見ていた夢を思い出す意識を高める。また、明晰夢を見ている自分を思い描く。

3つすべての手法を組み合わせた47人のグループでは、わずか1週間で明晰夢を見る成功率が17パーセントになり、何も実践していなかったスタート時を大きく上回った。このグループの中でも、MILD手法を十分に実施して5分以内に眠りにつくことができた人は成功率が大幅に高く、46パーセント近くに達した。

「MILD手法は、“展望的記憶”と呼ぶもの、つまり将来行うことを記憶する能力に対して働く。夢で見ることを記憶するという文句を繰り返すことで、夢を記憶しようとする意思が形成され、それが明晰夢につながっていく」とアスピー氏は述べる。

「重要なのは、MILD手法を使って成功を報告した人は翌日、睡眠が少なくならなかったことで、これは明晰夢が睡眠の質に負の影響を与えないことを示している」。

「これらの結果から、明晰夢の効果的な誘引手法の開発に一歩近づくことができ、それは悪夢への対処や明晰夢環境でのリハーサルを通したスキルと能力の向上といった、たくさんの明晰夢の潜在的利点の研究を可能にしてくれる」とアスピー氏は話している。

【情報ソース】

Dreaming - Reality testing and the mnemonic induction of lucid dreams: Findings from the national Australian lucid dream induction study.
http://psycnet.apa.org/record/2017-40360-001?doi=1
doi: 10.1037/drm0000059

Want to control your dreams? Here's how
https://medicalxpress.com/news/2017-10-want-to-control-your-dreams.html

facebooktwitter広告2