科学検定

検定委員について

【アドバイザー】   

 山崎 直子(宇宙飛行士) 

【委員】  
 
 滝川 洋二(NPO法人 ガリレオ工房理事長)  
  

山崎直子
山崎直子
科学検定委員会 委員
1970年千葉県松戸市生まれ。2010年4月、スペースシャトル・ディスカバリー号にてISS組立補給ミッションSTS-131に従事。2011年8月にJAXAを退職。現在、日本宇宙少年団(YAC)アドバイザー、千葉市科学アドバイザー、内閣府宇宙政策委員などをつとめる。著書に「何とかなるさ」(サンマーク出版)、「瑠璃色の星」(世界文化社)、「夢をつなぐ」(角川書店)、「宇宙飛行士になる勉強法」(中央公論新社)など。

科学と宇宙は繋がっている!?

 空を見上げて見て下さい。輝き方は違っても、きっと多くの星が輝いていると思います。実は私たち人間も、この星の「欠片」で出来ていると言われています。不思議ですよね。どうしてなんでしょう。これを発見したのも、科学という学問なんです。つまり科学は、私たち自身のことを見つめ直す学問でもある、と私は思っています。

滝川洋二
滝川洋二
科学検定委員会 委員
1949年岡山県生まれ。教育学博士。埼玉大学理工学部物理学科卒業後,国際基督教大学(ICU)で博士課程を修了。1979年からICU高等学校教諭。現在は,ガリレオ工房理事長,理科カリキュラムを考える会理事長,東海大学教育開発研究所所長を兼務。専門は概念形成研究,カリキュラム研究。『どうすれば理科を救えるのか』(亜紀書房)など著書/編著書多数。

考えを深める理科読を

科学検定は、今までに無い科学の入り口です。学校の理科の試験や入試対策なら参考書・問題集で対応するのでしょうが、深くとらえる科学検定は、理科読が一番。広い科学ジャンルの自分に関心のある所から、おもしろそうな本を数冊選び、比較しながら読み、実験や観察は可能な範囲で挑戦。
古代エジプト時代から現代までの世界中の科学者を先生に、広く、深く自分の中に科学の世界を作り上げる理科読が、あなたを成長させてくれます。

facebooktwitter広告2