科学検定

おすすめ参考書

科学検定公式問題集 3・4級 (ブルーバックス)

3・4級はおおまかに中学から高校レベルの内容です。じつは、この中学から高校にかけての時期が科学教育においてはもっとも大切な時期だと考えられています。小学校では「科学好き」だった子どもが、中学、高校へ進むにつれて「科学嫌い」になってしまうのは、受験のための丸暗記に原因があるともいわれています。科学検定では、受験という現実を受け入れつつも、丸暗記だけでなく、「考える楽しさ」を重視した問題からなっています。科学検定を通して、子どもから大人まで科学を楽しんじゃおう!

Amazonで購入

科学検定公式テキスト 5級6級用

宇宙飛行士の山崎直子、『NHK大科学実験』監修の滝川洋二らサイエンス界の大御所が委員に名を連ねる「科学検定」の公式テキストです。 物理、化学、生物、地学、ものの性質の5カテゴリの基礎を、豊富なイラストと写真で解説。本文のところどころに「理解度を試してみよう」というミニクイズが入っており、楽しく読み進められます。 また、検定本番時の注意や、スコアアップのコツなども満載。巻末には実力のつき具合を測れる「ミニテスト」も収録。

Amazonで購入

科学検定公式問題集 5・6級 (ブルーバックス)

アタマでっかちの知識から、使える・役に立つ知識へ 選りすぐりの例題と、こん切ていねいな解説、作問者の意図をくんだ予想問題を解くことで、応用力が身につき理解度も深まっていく。科学検定の問題を通して、教科書の枠にとらわれない科学の面白さと不思議さが実感できる一冊。

Amazonで購入

もしも原子がみえたなら―いたずらはかせのかがくの本 (いたずらはかせのかがくの本 新版)
5,6級向け

「この宇宙のすべてのものは原子でできている」って、ほんとう?じゃあ、この紙も?石も?水も?鉛筆も?それに、わたしの体も?みんな原子でできてるの?―こんな疑問をいだいたことのあるお子さんといっしょに読んでみてください。

仮説社で購入

45分でわかる! 子供を理科好きにする50の方法
5,6級向け

お風呂で、キッチンで、公園で。小さな好奇心が「好き」を生む! 「不思議」が理科を育て、理科が科学を育て、科学が地球愛を育てる。身の回りのことで親子の会話がはずむ50の魔法の質問 ○子どもを理科好きにする○お風呂で理科好き○キッチンで理科好き○公園で理科好き○海で理科好き○山で理科好き○毎日のなかの理科好き○理科好きは好奇心から

Amazonで購入
facebooktwitter広告2広告3(ナショ)