科学検定

お知らせ

【科学ニュース】うつ病の性差、脳への影響にも違い

うつ病の若者にポジティブな言葉とネガティブな言葉を見せたとき、特定の脳領域への影響に男性と女性で違いがあるとの研究結果を、英ケンブリッジ大学を中心とする研究チームが発表した。

研究チームが11~18歳のうつ病の患者に楽しい言葉と悲しい言葉を見せながら、fMRIで被験者の脳を調べたところ、特定の脳領域の活動に対する影響が男性患者と女性患者で異なることがわかった。これは、うつ病で経験することが若年の男女で異なり、若年層では性別による差異を踏まえた治療が必要となることを示唆している。

うつ病の苦しみは男性と女性で異なり、若年では特に顕著と言われる。15歳まで、女性の苦しみは男性の2倍ともされている。これにはさまざまな理由が考えられ、身体イメージ、ホルモン分泌の変動、遺伝的要因など、女性がうつ病を発症するリスク要因として挙げられる。しかし、うつ病のリスクだけでなく、その現れ方と結果にも男女間の違いがある。

「男性のうつ病は持続的なケースが多いが、女性のうつ病は一時的な傾向がある」と、論文の筆頭著者でケンブリッジ大学精神医学科のチエユー・チュアン(Jie-Yu Chuang)氏は述べる。「女性と比較して、うつ病の男性は、うつ病が重篤化して薬物の乱用や自殺など結果に至る傾向が強い」という。それでも、これまで研究者のほとんどは、おそらくは有病率が高いという理由から女性のうつ病を研究対象としてきた。

このような状況から、チュアン氏らの最新の研究ではうつ病の男性と女性の違いを調べることになった。研究チームは、11~18歳の若年層から研究に参加するボランティアを募集し、うつ病の女性82名と男性24名、健常の女性24名と男性10名が被験者となった。研究チームは、磁気共鳴機能画像法(fMRI)で被験者の脳を画像化し、被験者が見る画面上に楽しい、悲しい、または中立的な言葉を一定の順序で短時間ずつ表示した。

被験者は、特定のタイプの言葉が表示されたらボタンを押し、他のタイプの場合は押さないよう求められ、テスト中の脳活動が計測された。ある特定の組み合わせの言葉が表示されたとき、縁上回や後部帯状回などの脳領域で、男性と女性の脳活動に与えるうつ病の影響の違いが見つかった。

これは何を意味するのだろうか? 「この発見は、青年期の初期はうつ病が脳に与える影響が男女で異なることを示している」とチュアン氏は説明する。「この年代については、性別によって治療と予防の戦略を検討する必要がある。そうした早期の対処によって、状態が悪化する前に病気の軌道を修正することができるだろう」。

今回の研究で指摘された脳領域は、以前からうつ病と関係があるとされてきたが、うつ病の男性ではその領域への影響がなぜ異なるのか、またそれが男性のうつ病の経験と対応の仕方に関係するのかどうかを理解するためには、さらなる研究が必要となる。

うつ病は女性の有病率が男性より大きいため、今回の研究でも男性の被験者は十分に集められなかった。将来的には、女性と同程度の男性被験者を比較して、実態をより的確に表す結果が求められる。チュアン氏の研究チームは、この現象をさらに深く追究したいと考えている。「少年期から成人期まで、うつ病の性差を突き詰める大規模な縦断的研究が実施できたらいいと思っている」。

【情報ソース】

Frontiers Psychiatry - Adolescent Major Depressive Disorder: Neuroimaging Evidence of Sex Difference during an Affective Go/No-Go Task
http://journal.frontiersin.org/article/10.3389/fpsyt.2017.00119/full
doi:10.3389/fpsyt.2017.00119

Medical Xpress - Depression affects the brains of males and females differently
https://medicalxpress.com/news/2017-07-depression-affects-brains-males-females.html

facebooktwitter広告2